予定表の作成と引越し手続き

引越しが決まったら全体イメージをつかもう!

引越しが決まったら、作業を始める前に手続きの開始から引越し先での手続き終了まで、一貫したイメージをつかんで始めることが大切です。

 

引越しは、全体のイメージをつかんでいないと順序を間違えて、時間や金銭的に大きなロスを生むようなこともあるので注意が必要です。

 

最初に手続きなどを始める前に、予定表を兼ねた時系列に沿ったチェックリストを作ることで、同時に全体イメージを押さえて段取りを把握することができます。

 

一人住まいをはじめる時、結婚、会社の転勤など、引越し全体のイメージは、人それぞれで、どれひとつとっても同じものはありません。
つまり、多少面倒でも最初が肝心で、スケジュールとチェックリストを作ってから始めると重要な事などを忘れること無く行動できるようになります。

 

そして、常に早めに行動しておくことが重要です。
役所などの届け出、子供の学校などは、何日前から受け付けてもらえるかなどは、電話で確認を入れて、必要な物を用意して出かけましょう。

 

特に遠方への引越しした場合、改めて退去後の地域での手続きなどが残っていると大変手間が掛かることになるので、リスト作成後も内容に漏れが無いか点検が必要です。

 

予定表の作り方とポイント

最初に、手続きや作業を判りやすくするために時期を手続きに合わせて分けます。

 

・引越し決定から業者の手配
・引越し、1か月前
・引越し、2週間前
・引越し、前日
・引越し、当日1(退居)
・引越し、当日2(入居)
・引越し後の手続きと案内

 

概ねですが、以上のように分けて予定表を作り、その時期に併せたチェックリストを作りこんでおけば、段取り良く引越し手続きを進めて行けるでしょう。

 

引越し方法を考える

荷物の分量や人の数によって引越し方法の選択肢はいくつかあります。
単身の人でしたら、梱包から退去する部屋からの搬出、そして輸送、入居先での搬入から開梱設置に至るまで、自分一人ですべてできることも多いはずです。

 

特に初めて一人住まいを始める時は、一定の家具などが揃っているワンルームなどは、家具、家電などを増やさないで済むので、そうした選択なら荷物も少なく一人での引越しも無理なく可能でしょう。

 

しかし、お一人でもそれなりの家具を持っている人やご夫婦やご家族が一緒の場合は、中々そうも行きません。
次に業者依頼する方法としては、コストの安い順に次のような方法が考えられます。

 

・一部の大きな荷物のみ
・荷物の搬出、輸送、搬入のみ
・荷物の梱包から搬出、輸送、搬入のみ
・荷物の取り外しと梱包、搬出、輸送、搬入、開梱と設置のすべて

 

その他に、自前でレンタカーを手配して友人などに頼んで引越しをする昔ながらの方法もあります。
単身などで荷物も比較的少ない人で、エアコンの取り外し作業などが伴わない場合で比較的距離が近い引越しとした方が無難でしょう。

 

業者の場合は、その他にオプションとして車両の輸送なども引き受け可能な業者もあり、遠距離の引越しの場合は、ノウハウとサービスが整った業者に頼る方が安全なようです。